甲状腺機能低下症(橋本病)甲状腺機能低下症(橋本病)

甲状腺ホルモンの分泌量が低下した病状です。甲状腺ホルモンの分泌量が低下した病状です。

日本では、甲状腺機能低下症をきたす最も頻度の高い病気は橋本病です。橋本病は、バセドウ病と同様に身体を守る免疫という働きが異常をきたし、自分の臓器に対して攻撃するという自己免疫疾患のひとつです。甲状腺にリンパ球が浸潤し慢性的な炎症を起こす病気であり、「慢性甲状腺炎」ともいいます。橋本病は成人女性の10~20人に1人といわれるほど、発症頻度の高い病気です。また、年齢を重ねるほどホルモンの異常をきたす可能性が高くなります。

主な症状 疲れやすい、やる気が起こらない、皮膚が乾燥する、髪の毛が抜ける、顔や手足がむくむ、便秘がちなど。
検査方法 血液検査にてTSH、フリーT4、フリーT3の3項目を測定し、ホルモンの状況を確認します。サイログロブリン抗体、甲状腺ペルオキシダーゼ抗体という甲状腺組織に対する自己抗体を測って診断します。
治療方法 甲状腺機能が低下していれば、甲状腺ホルモン剤で補充療法を行います。

ご来院の際には、予めお電話にてご予約をお願いいたします。ご来院の際には、予めお電話にてご予約をお願いいたします。

初診、再診とも予約制です。 再診の場合、できるだけ遅れのないように配慮・努力しておりますが、
やむをえない場合には、診察が遅れることもありますので、予めご了承ください。

  診療時間
午 前  9:00~12:30(受け付け終了 12:00) × ×
午 後 (受け付け開始 15:30)16:00~18:00 × × × ×
072・646・8646 ご予約優先制 アクセスMAP